百合かがり俳句日記


氷面鏡

  1. 2017/02/27(月) 09:59:33_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ comment:16





 

ひかり浴び若めく影や氷面鏡

(ひかりあびわかめくかげやひもかがみ)

愚陀佛庵俳句(2月発表分) 入選

愚陀佛庵インターネット俳句 入選を頂きました。

愚陀佛庵 八木 健先生、スタッフの皆様有難うございます。

今年は雪の日が多く、寒さ苦手な私ですが、ちょっと外に出て見ました。

私流の独りきりの吟行になりました。

写真は氷面鏡ではありません。
近くの公園で撮影した「薄氷」を使いました。


   





  1. 2017/02/24(金) 15:08:41_
  2. 季節の俳句
  3. _ comment:10


 
谷町の奥の寺町梅香る

(たにまちのおくのてらまちうめかほる)


大阪の谷町筋の少し奥に寺町があります。
我家の菩提寺の庭に樹齢の古そうな梅の木があります。
梅の花が境内に香ります。
いつも、梅の花の傍に行き香りを楽しませていただきます。
そして、(お墓参り出来たことに感謝)して菩提寺を後にします。)





-





山焼き

  1. 2017/02/21(火) 14:01:44_
  2. 俳句ポスト
  3. _ comment:12


 
山焼きのあと月光と草の香と

(やまやきのあとげっこうとくさのかと)

松山俳句ポスト(2月16日発表分) 並選



松山俳句ポスト 夏井いつき先生 (並選) 有難うございます。

山焼き 子供の頃 遠くから見ておりました。
自分の父も友だちのお父さんも近隣の人々総出で山焼きを行っていました。

山焼きの光景も匂いも好きでした。




-



紅梅

  1. 2017/02/17(金) 14:59:00_
  2. e船団俳句
  3. _ comment:10


 
紅梅の女子寮ほのと静まりて

(こうばいのじょしりょうほのとしずまりて)

久留島元ドクター選 2月15日発表分 選外佳作

久留島元ドクターご講評
 ほのと静まる、が受け入れられるかどうかが分かれ目ですね。。

久留島元ドクター (佳作選)を頂き有難うございます。

(ほのと静まりて) 乙女!達の女子寮でしたので、少しだけ華やぐ感じの寮でした。
なので(ひそと~)ではないし、迷いました。
ドクターの御講評ありがとうございます。




-

初午

  1. 2017/02/13(月) 15:14:03_
  2. スナップ
  3. _ comment:14


 
朱鳥居くぐり押し合ひ一の午

(あかとりいくぐりおしあひいちのうま)


毎年、伏見稲荷大社へ参詣に行きます。
今年は外国の観光客が多く、聞こえる会話は外国語が多い様でした。




-




雪折

  1. 2017/02/08(水) 10:45:06_
  2. 季節の俳句
  3. _ comment:10




 
雪折れの水仙なほも匂ひ立ち

(ゆきおれのすいせんなほもにほいたち)

深い雪の日が続き、庭の木々や水仙の花が雪折れました。
それでも水仙は香り立ち、暫しそこから動かずにいました。


 
鷹狩や太田道灌蓑持たず

(たかがりやおうたどうかんみのもたず)


松山俳句ポスト お便りコーナー 2月1日発表分 

●ある日、鷹狩に出かけた若き日の太田道灌が、にわか雨に遭遇して村のあばら家で蓑を借りようとしました。
ところが、出てきた少女は無言のまま、山吹の一枝を道灌に差し出した。
道灌は怒ってその場を立ち去ったが、あとで家臣から、
少女の行為は「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき」という古歌に寄せて、蓑のひとつさえ持てないかなしさを山吹の枝に託したものだ、と聞かされました。
太田道灌は自分の無学を恥じ、それ以降歌道や政治にと精進しました・・・・。  
/ウッドべキア参考


-



白菜

  1. 2017/02/04(土) 10:32:10_
  2. e船団俳句
  3. _ comment:12




 
白菜やざくっと割り切る絵空事

(はくさいやざくっとわりきるえそらごと)

内野聖子クター選 2月1日発表分 十句選

内野聖子ドクターご講評
現実にはあり得ない事だと思いながらもやもやしてしまう気持ちを白菜にぶつけたのでしょう。これですっきりできればいいのですが。


内野聖子ドクター (選)を頂き有難うございます。

ドクターのご講評の通り、正に私が感じたものを読み取って頂き有難うございます。



-


冬茜

  1. 2017/02/01(水) 10:15:04_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ comment:10


 

冬茜染めて影絵の比良の里

(ふゆあかねそめてかげえのひらのさと)

愚陀佛庵俳句(1月発表分) 入選

愚陀佛庵インターネット俳句 入選を頂きました。

愚陀佛庵 八木 健先生、スタッフの皆様有難うございます。

冬茜が比良山系の麓の里を影絵のように映していました。



   





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア