百合かがり俳句日記


障子貼る

  1. 2016/11/27(日) 15:34:00_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:14

 
障子貼り似てないふたり息合わせ

(しょうじはりにてないふたりいきあわせ)

愚陀佛庵俳句(11月発表分) 入選

愚陀佛庵インターネット俳句 入選を頂きました。

愚陀佛庵 八木 健先生、スタッフの皆様本当に有難うございます。


5,6年前の障子貼りの俳句です。
やっと(!)三女の結婚が決まり、ふたりで障子貼りをしました。性格も体格も似てないふたり!
この時は新しく娘婿に成る人を思いながら障子貼りをしました。
   




-


石蕗

  1. 2016/11/24(木) 14:59:00_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:10

 
石蕗は黄にひかり差し込む裏鬼門

(つわはきにひかりさしこむうらきもん)


石蕗の花!
よそ様に頂いた苗ですが増えて増えて~我家の庭の東西南北に咲いております。
裏鬼門にも地味乍ら今年も葉は青々と花は真っ直ぐに咲いております。









-

照紅葉

  1. 2016/11/19(土) 14:45:00_
  2. e船団俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:10

 
水甕にひとつ水の輪照紅葉

(みずかめにひとつみずのわてりもみじ)

須山つとむドクター選 11月16日発表分 十句選

須山つとむドクターご講評
水を湛えた古い水甕に、丸く切り取られた秋が来ている。木の実か、風か? 澄んだ一重の水輪が生まれ、水面に映るもみじを揺らした。

須山つとむドクター (選)を頂き有難うございます。
ドクターのご講評、正に私が見たもの、感じたものを読み取って頂き感謝と感激で一杯です。






-

蘆刈る

  1. 2016/11/16(水) 10:12:00_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:12

 
蘆刈るや湖の水皴立ち来たり

(あしかるやうみのみずしわたちきたり)

松山俳句ポスト(11月10日発表分) 並選

 
蘆刈るや思ひ断ち切りひと掴み

(あしかるやおもひたちきりひとつかみ)



松山俳句ポスト 夏井いつき先生 いつも有難うございます。


「蘆刈」 湖東の湖で見た記憶があります。
なかなか大変な作業の様で、女性は居なかったと思いますが
己をその中に投影してじっと見物しておりました。









-

秋薊

  1. 2016/11/11(金) 10:45:00_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:7

 
秋薊傷つくなんて思わへんよ

(あきあざみきずつくなんておもわへんよ)

愚陀佛庵俳句(11月発表分) 入選

愚陀佛庵インターネット俳句 入選を頂きました。

愚陀佛庵 八木 健先生、スタッフの皆様本当に有難うございます。
関西出身では無い私ですが、関西弁が好きで、俳句にも使ってみました。

秋薊を手折ろうとして、少しあの針が刺さりました。
でもそんな秋薊の棘(針)何て!、「全然私を「傷つけたことにはならへんよ!」
   




-


湿地茸

  1. 2016/11/08(火) 15:06:00_
  2. 俳句ポスト
  3. _ tb:0
  4. _ comment:9

 
湿地茸身の上話聞き及ぶ

(しめじたけみのうえばなしききおよぶ)

松山俳句ポスト(10月27日発表分) 並選

 
ひとかどの主婦のふりして味湿地茸

(ひとかどのしゅふのふりしてあじしめじ)

松山俳句ポスト 選外


松山俳句ポスト 夏井いつき先生 いつも有難うございます。


「もうそろそろ松茸の出るころやな~」 夫
「(^^♪匂い松茸、味湿地茸!松茸はまたいつかね!それに、松茸は(値)高すぎるわ!」 私
ひとかどの主婦でも無い私!
こんな会話で松茸は諦めて貰い(湿地茸)にしました。
後で知ったのですが、(本湿地茸)は凄く高級のようですね!

湿地茸の写真遂に出来ませんでした。我が庭のシュウメイギクです。








-

帰り花

  1. 2016/11/07(月) 12:32:00_
  2. 季節の俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6

 
帰り花会ひたき影の近寄りぬ

(かえりばなあひたきかげのちかよりぬ)


今月に入りだんだんと寒くなってきました、冬の季語「帰り花」を詠みました。

狭庭の隅に山吹の花がひとつ、ポツンと咲いてゐるのを見つけました。
忘れられない逝きし人の影を見た様な気がして、シャッターを押しました。







-

銀杏黄葉

  1. 2016/11/03(木) 14:30:00_
  2. 季節の俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:7

 
匂ひ来る銀杏黄葉のいきづかひ

(におひくるいちょうもみじのいきづかひ)


豊満な銀杏の幹から銀杏黄葉とともに銀杏の匂いも届きます!
匂いと黄色のおおらかさを誇っているようです。







-

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

« 2016 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア