百合かがり俳句日記

蓮の花











 
蓮の花香馥郁と濃かりけり

(はすのはなこうふくいくとこかりけり)


 
夏帽子古希なる人や斜に被り

(なつぼうしこきなるひとやしゃにかぶり)

蓮の花 百合の花(我が名前)と同様に何か心に来るもの(!)が有る花です。
この写真を撮影した時は、現役で仕事、家庭、母親と多忙な日々でした。
今思えば(多忙の中に充実があり)何て♪ちょつと気障な私です。

夏帽子 最近(若い人)を羨む気持ちがあり(こんなんではアカンな~)と思います。
古希なる我は「斜に構えずゆったりと立て!」と自分に囁いています。(でもやはり難しわ♪)







-
  1. / トラックバック:0
  2. / コメント:11

旅の思い出


 
炎天へ語り過ぐ女白い街

(えんてんへかたりすぐひとしろいまち)

スペイン アンダルシア地方のミハスでの思い出です。
ミハスは「白い街」と言われる様に家々の壁が白く夏の日差しに光っていました。








 
夏草や火の波去りし帝都跡

(なつくさやひのなみさりしていとあと)

イタリア ポンペイ遺跡を旅した思い出です。
灰燼と化したこのまちの栄華の頃を偲び乍らみてまわりました。
埋もれた灰の中から若き女性のミイラも発見されたそうで、ガラスの棺に眠っていました。





-
  1. スナップ
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:15

冷麦


 
庭先の甕に目覚める未草

(にわさきのかめにめざめるひつじくさ)
 
冷麦や夫の能書聞き流し

(ひやむぎやつまののうがきききながし)

松山俳句ポスト(7月7日発表分) 並選

 
日曜につづき冷麦昼の餉に

(にちようにつづきひやむぎひるのげに)

松山俳句ポスト(7月7日発表分) 選外



我が庭の大きくない甕に睡蓮が今年も咲きました。私の(いやしい癖!)で咲くたびに花数を数えています。
此れまでに15個咲きました。
夕方の水やりの時もまだ綺麗に咲いております。

冷麦 (並選) これも例の如く愚妻の私は夫の事詠ましてもらいました。
私の駄句のねたにされたその人は「なんぼでも、詠んでや!」とか~

冷麦 (選外) 暑い夏のふたりの昼餉はこんなものです。







-
  1. 俳句ポスト
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:13


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
俳句は昔から好きで、TVとかの放送は見ていました。投稿しだしたのは、約5年目になります。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

« 2016 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア