百合かがり俳句日記


桜散る

  1. 2016/04/14(木) 16:05:00_
  2. スナップ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:11

 
花散るやしづかさ戻る午後のカフェ


数年前、九州に里帰りしました。
花冷えの温泉街、雨が降りつづき観光客も少なくただただ桜が音もなく散っていました。




 
花冷えや紅茶に砂糖入れやうか

いつもは珈琲にも紅茶にも砂糖は入れないのですが、花冷えのこの時期「砂糖入れようか?」と
聞いてみます。甘い砂糖は身も心も温かにしてくれるような~




 
菜の花や豊肥本線咲き乱る


九州に帰郷した時の思い出光景です。
線路に沿って菜の花が黄色に染めていくようでした。
その光景は昔と変わらず昔の私を思い出してしまいました。





-


春一番

  1. 2016/04/07(木) 12:16:00_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ tb:0
  4. _ comment:9

 
春一番ピアノ買い取り電話する

愚陀佛庵俳句(4月6日発表分) 入選

娘達も嫁に行き子供の頃からお世話になったピアノも、今ではあまり使われなくなりました。
そのピアノからは多くの思い出を貰いました。
ピアノに、佳き人との出会いがありますようにと祈りつつ手放す事にしました。

入選して頂き有難うございます。



 
海棠や流行り先取る女来り

(かいどうや はやりさきどる ひときたり)


海棠の花 今年もあざやかに咲きました。
海棠は薔薇科で東洋の名花とか~
海棠の花咲くころにはいつもそんな雰囲気漂う人の事が思いだされます。



 
春の宵身の上話尽くるなく


この頃は夜の空も明るくなって、愈々春の訪れを感じています。
久しぶりの再会に話も弾みました。



-


    

辛夷

  1. 2016/04/02(土) 10:27:00_
  2. 自然風景
  3. _ tb:0
  4. _ comment:8



 
朝空に匂ひ湧き立つ花辛夷
 
蒲公英や菓子工場跡子らの声

日あたりて庭に紅さす落椿 
 
踊り子草終の住み処に群れ咲きて

貝寄風や少年見遣るぽんぽん船






-


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

« 2016 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア