百合かがり俳句日記


石蓴

  1. 2018/02/21(水) 11:03:08_
  2. 俳句ポスト
  3. _ comment:12






 
石蓴採り岬の寡婦に海は鳴る
 
(あおさとりみさきのかふにうみはなる)

松山俳句ポスト(2月15日発表分) 兼題「石蓴」  人選

夏井先生に嬉しい人選頂きました。有難うございます。

石蓴採りは映像でしか見た事が有りません。
しかし、海の町に住んで居た叔母(寡婦)を思い出し作句しました。






-

ラグビー

  1. 2018/02/18(日) 16:47:18_
  2. 俳句ポスト
  3. _ comment:6




 
額写真かって男はラガーマン
 
(がくしゃしんかつておとこはらがーまん)

松山俳句ポスト(2月1日発表分) 兼題「ラグビー」  並選

夏井先生に並選頂きました。有難うございます。

夏井先生に並選いただきましたが、ブログUPが大変遅くなりました。

拙句は娘のお見合いの事を思い出し詠みました。
その方の釣書をみて、お会いしました。
かってはラガーマンであったとのことでした。







-



余寒

  1. 2018/02/13(火) 15:53:53_
  2. e船団俳句
  3. _ comment:10







 
甕の底残滓ひかりて余寒かな

(かめのそこざんしひかりてよかんかな)

須山つとむドクター選 平成30年 2月7日発表分 今週の十句選

須山つとむドクターご講評
 
>語順は適切だろうか? 『残滓』は必要だろうか? 季語はベストだろうか?   再考して、是非『秀句』に育てあげてほしい句。< 甕の底に光るものあり遅き春 > など。

須山つとむドクター
先生の御添削< 甕の底に光るものあり遅き春 >
ご指摘、ご講評、本当に有難うございます。

写真は雪の余呉湖です・・・




-


手袋

  1. 2018/02/06(火) 10:45:51_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ comment:12








 
手袋や取りて見る癖生命線

(てぶくろやとりてみるくせせいめいせん)
愚陀佛庵俳句(1月発表分) 秀逸選

愚陀佛庵インターネット俳句 秀逸選を頂きました。
八木 健先生、スタッフの皆様有難うございます。

冬は、帽子、マスク、手袋、マフラーは必需品です。
でも、手袋を外すたびに生命線を見る癖の方はいるでしょうか?
生命線には、なんの変化も無いのに~

写真は以前、白川郷に旅した時の写真です。







寒の入

  1. 2018/01/30(火) 14:55:43_
  2. 伊吹嶺俳句会
  3. _ comment:16



 
あんぱんの胡麻をこぼして寒の入り

(あんぱんのごまをこぼしてかんのいり)

平成30年1月伊吹嶺HP句会 長崎眞由美先生 選 特選
平成30年1月伊吹嶺HP句会 国枝隆生先生  選 入選
今月の最高得点者は、まこさん(埼玉県)、百合乃さん(滋賀県)、北村和久さん(滋賀県)でした。おめでとうございます。なお、同点句(3点)が三名以上ですので、今月の最多入選賞は無しとなります!

 国枝隆夫先生 御講評
きわめて感覚の効いた句です。「あんぱんの胡麻」に着目したのは一種の些末主義か
も知れませんが、作者はあえて些細なものに着目して、そこに寒さを感じたのです。そ
こには理屈はありません。あんぱんの胡麻がこぼれたことから、季節の進行を感じて、
「寒の入り」と詠んだのでしょう。。

長崎真由美先生、特選を頂き、本当に有難うございます。
国枝先生の御講評、身に余る御講評本当に有難うございます。



-

探梅

  1. 2018/01/24(水) 13:56:53_
  2. 俳句ポスト
  3. _ comment:14




 
日の在処よく知る人と探梅行
 
(ひのありかよくしるひととたんばいこう)

松山俳句ポスト(1月18日発表分) 兼題「探梅」  並選

夏井先生に並選頂きました。有難うございます。

二十数年前 娘の下宿先を訪ね、その後
「あそこなら、きっともう梅の花が咲いてゐるはずや!」と京都北野天満宮へお参りしました。
紅梅、白梅、そして梅の香りと探梅行を満喫した一日でした。









-


落椿

  1. 2018/01/21(日) 11:40:55_
  2. e船団俳句
  3. _ comment:12


 
単調なことが好きです落椿

(たんちょうなことがすきですおちつばき)

久留島元ドクター選 平成30年 1月17日発表分 今週の十句選

久留島元ドクターご講評
 落ち椿というと劇的に落ちてしまう印象ですが、あえて「単調が好き」と言い切ることで、自然の摂理としてさまざまな事件を飲みこんでしまうような懐の深さを感じました。

>懐の深さを感じました。
先生の身に余る御講評を頂き、本当に有難うございます。



-


日記買う

  1. 2018/01/16(火) 15:30:37_
  2. 愚陀佛庵俳句
  3. _ comment:16
 
日記買う本当のわたし書かへんよ


愚陀佛庵俳句(1月発表分) 秀逸選

愚陀佛庵インターネット俳句 秀逸選を頂きました。
八木 健先生、スタッフの皆様有難うございます。








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
FC2ブログへようこそ!

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア