FC2ブログ

百合かがり俳句日記

  • 2019_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_10

yurino1790481.jpg


yurino1790500.jpg


yurino1790464.jpg

 
盆支度終へて空虚や正座する
 
(ぼんじたくおえてくうきょやせいざする)

「俳句生活」(8月の審査発表分) 兼題「盆」  人選


「盆支度手抜き目立つも恙なく」
この拙句は選外でしたが、最近の私はこんなものです。






  1. 夏井いつきの「俳句生活」
  2. / コメント:16

新涼




yurino1790487.jpg


yurino1790488.jpg


yurino1790489.jpg



新涼やアイロン掛けのすべりよく
 
(しんりょうやあいろんかけのすべりよく)

e船団俳句
須山つとむドクター選 令和元年8月21日発表分 十句選


須山つとむドクターご講評
キッチンの床のベタつきも、吹き出すスチームの音も、何かが変わった。これって新涼? シーツを滑るアイロンの動きも、腕の動きによく馴染んできた。

須山dr 有難うございます。
めったに(アイロンかけ)をしない私ですが、たまり溜まった夫のシャツ、、ハンカチ、私のブラウス、ハンカチのアイロンかけをしました。
終わった後、気持ちが良く 「滑る」と言う言葉が出てきました。






  1. e船団俳句
  2. / コメント:14

百日紅

yurino1790458.jpg


yurino1790457.jpg


yurino1790483.jpg


yurino1790428.jpg


yurino1790482.jpg



閂の軽き菩提寺百日紅
 
(かんぬきのかるきぼだいじさるすべり)

e船団俳句
星野早苗ドクター選 令和元年8月14日発表分 十句選



星野早苗ドクターご講評
門に渡した閂の横木が、軋むことなく軽く抜けたのでしょう。蒸し暑い日だったかもしれませんが、すっと抜ける閂に涼しさを感じました。真夏に咲く百日紅も軽やかな小さな花をはらはらと咲き零します。親しみやすく涼しげな菩提寺に清々しさを感じました。

水羊羹東京知らぬ母であり
 
(みずようかんとうきょうしらぬははであり)

e船団俳句
星野早苗ドクター選 令和元年8月14日発表分 佳作

東京に行ったことのない私
「いつかはとバスに乗り東京見物をしょうか!」と夫と話している間に月日が経つてしまいました。








  1. e船団俳句
  2. / コメント:10



yurino1790463.jpg


yurino1790461.jpg

 
いとはんの心の海に祭鱧
 
(いとはんのこころのうみにまつりはも)

松山俳句ポスト(8月1日発表分) 兼題「鱧」  並選


夏井先生、並選 有難う御座います。
私の旧友に「いとはん」と呼ばれる人がいました。
彼女は、東京の人と結婚して東京に住んで居ます。
いまは、年賀状だけの交流となりました。
わたしには、京都の祇園祭より、大阪の天神祭の想いが深いです。








  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12

向日葵




yurino1790469.jpg


yurino1790465.jpg


yurino1790467.jpg



向日葵の協調性の黄色かな

e船団俳句
久留島元ドクター選 令和元年7月31日発表分 十句選

久留島元ドクターご講評
向日葵のあざやかな黄色を「協調性」と捉えたのが作者の手柄。こう捉えると、やや押しつけがましい統一感があるようにも思えて、その視点の皮肉さも新しい。
久留島元ドクター、有難う御座います。

昨日73歳になりました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、お願い致します。



  1. e船団俳句
  2. / コメント:12

空蝉




yurino1790453.jpg


yurino1790456.jpg


 
空蝉の透けるその身に矜持あり
 
(うつせみのすけるそのみにきょうじあり)

松山俳句ポスト(7月18日発表分) 兼題「空蝉」  並選


夏井先生、並選 有難う御座います。

毎年、我が庭の幹、幹の下、幹の枝に空蝉を見かけます。
その姿は、何かを成し遂げたというプライドのようなものをいつも感じて、暫く掌に包み家に持ち込みます。

百日紅は今年はまだ咲いていません。昨年の百日紅です。
未央柳は今年も長い梅雨に黄色の花で楽しませてくれました。





  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:10

楊梅




yurino1790449.jpg


yurino1790450.jpg


 
葉隠れの甲賀の里の熟楊梅

 
(はがくれのこうかのさとのうれようばい)

松山俳句ポスト(7月4日発表分) 兼題「楊梅」  並選


夏井先生、並選 有難う御座います。

楊梅とは呼ばず、山桃と言ってました。
紅く熟れた山桃の甘酸っぱさは遠い子供の頃を思い出させてくれます。







-
  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:14

罌粟坊主



yurino1790443.jpg


yurino1790444a.jpg


yurino1790445.jpg


 
罌粟坊主放課後受ける追試験

松山俳句ポスト(6月20日発表分) 兼題「罌粟坊主」  人選


夏井先生、人選 有難う御座います。

化学!選択科目でしたが、何時も追試験組でした。追試験の常連でした。
化学の教師、今思えば、私に初恋のような心を抱だかせたような~♪
苦い思い出と甘い思い出と~






-

  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
俳句は昔から好きで、TVとかの放送は見ていました。投稿しだしたのは、約5年目になります。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア