FC2ブログ

百合かがり俳句日記

楊梅




yurino1790449.jpg


yurino1790450.jpg


 
葉隠れの甲賀の里の熟楊梅
 
(はがくれのこうかのさとのうれようばい)

松山俳句ポスト(7月4日発表分) 兼題「楊梅」  並選


夏井先生、並選 有難う御座います。

楊梅とは呼ばず、山桃と言ってました。
紅く熟れた山桃の甘酸っぱさは遠い子供の頃を思い出させてくれます。







-
  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:6

罌粟坊主



yurino1790443.jpg


yurino1790444a.jpg


yurino1790445.jpg


 
罌粟坊主放課後受ける追試験

松山俳句ポスト(6月20日発表分) 兼題「罌粟坊主」  人選


夏井先生、人選 有難う御座います。

化学!選択科目でしたが、何時も追試験組でした。追試験の常連でした。
化学の教師、今思えば、私に初恋のような心を抱だかせたような~♪
苦い思い出と甘い思い出と~






-

  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12

梅雨曇り




yurino1790440.jpg


yurino1790439.jpg


yurino1790447.jpg


 
古鏡うつるその顔梅雨曇り

「俳句生活」(6月の審査発表分) 兼題「梅雨」  人選


「梅雨入り」 今年は大幅に遅くなり、テレビでは被害の状況が報じられています。
お見舞い申し上げます。
「梅雨」の傍題は数多く有りますが、、此の句を選んで戴き、有難うございます。






-

  1. 夏井いつきの「俳句生活」
  2. / コメント:12




yurino1790444.jpg


yurino1790438.jpg

 
忽然と土間に蟇出て吉兆かな

松山俳句ポスト(6月6日発表分) 兼題「蟇」  人選


夏井先生、人選 有難う御座います。

写真の信楽狸は我が庭には35年以上居て!私達家族を見守って暮れています。
粗忽な私が徳利を欠かしたので、時々(エスカップ)を持って貰っています。

蟇は、昔 故郷で見たのが最後になりました。






-



  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12

濃紫陽花




yurino1790433.jpg


yurino1790434.jpg


yurino1790435.jpg



濃紫陽花通る人なき青信号

e船団俳句
星野早苗ドクター選 令和元年6月19日発表分 十句選

星野早苗ドクターご講評
信号が青になったのに通る人が一人もいない町。田舎にはよくある景色ですが、過疎の村だろうか、避難区域の町だろうかとも思いました。透明感のある青でまとめられた光景です。

星野早苗ドクター、有難う御座います。







  1. e船団俳句
  2. / コメント:12

水鉄砲




yurino1790427.jpg


yurino1790420.jpg


yurino1790426.jpg


 
太陽に届かぬように水鉄砲

松山俳句ポスト(5月23日発表分) 兼題「水鉄砲」  人選

 
母さんの豊かな尻に水鉄砲

松山俳句ポスト(5月23日発表分) 兼題「水鉄砲」  人選

夏井先生、有難う御座います。

写真は「水鉄砲」がありませんでした。
水に関連の写真にしました。
青い地球,豊かな水に恵まれた地球人で在ることに感謝の念を持って投句しました。
子供との水鉄砲の思い出もなんと楽しかったことか~






-


  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:16

薄暑




yurino1790424.jpg


yurino1790430.jpg


匙の音触れ合う響き薄暑かな

e船団俳句
内野 聖子ドクター選 令和元年5月22日発表分 十句選

内野 聖子ドクターご講評
少し汗ばむような初夏の陽気の中では、スプーンが当たって立てる微かな金属音が涼しく感じられます。何気ない日常生活の一コマですね。

内野聖子ドクター、有難う御座います。



内野聖子ドクター、有難う御座います。

  1. e船団俳句
  2. / コメント:10

梅雨夕焼




yurino1790415.jpg


yurino1790414.jpg


 
湖をむらさきいろに梅雨夕焼

2019年5月伊吹嶺HP句会   坪野洋子 先生 入選

長崎マユミ 先生 選評

この句も情緒のある句です。作者は滋賀県とありますので、琵琶湖でしょう。あの広
い琵琶湖が一面に紫色になっているのを想像すると、見える物をすべて紫に隠して湖の
広さだけが見えているようです。

ただ中7を「むらさきいろに」としていますが、紫にもいろいろあると思います。あ
えて「いろに」のフレーズは要らないと思いました。俳句は少しでも無駄な言葉を省略
して物を深く写生すると、映像がさらに鮮明になります。例えば「湖をうすむらさきに
梅雨夕焼」「湖の濃紫なる梅雨夕焼」など作者が感じた表現を具体的にすることも可能
だと思います。


坪野洋子 先生
長崎マユミ  先生

ありがとう御座います。






-



  1. 伊吹嶺俳句会
  2. / コメント:10


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
俳句は昔から好きで、TVとかの放送は見ていました。投稿しだしたのは、約5年目になります。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア