FC2ブログ

百合かがり俳句日記

猫の恋




yurino1790406.jpg


yurino1790407.jpg



R0013038a.jpg



猫の恋第二楽章始まりぬ

e船団俳句
久留島元ドクター選 平成31年4月10日発表分 選外佳作

久留島元ドクターご講評
表現や内容は、やや類想があるものと思いますが、うまくまとまって一句の情景が見えます。

娘宅の雄と雌の写真です。

雌猫は優しく、心配りの有る猫!

雄猫はシャイで、人見知りする猫です。
私が娘宅に居るあいだ、とうとうキッチンの隅から顔を出しませんでした。

猫好きの私に時々写真を送ってくれます。
最近、キャツウォークを作って貰い、ますますご機嫌だそうです。





-



  1. e船団俳句
  2. / コメント:13

柏落葉




yurino1790401.jpg


yurino1790402.jpg


yurino1790403.jpg

 
柏落葉掃けば新し土の息

松山俳句ポスト(3月28日発表分) 兼題「柏落葉」  人選


「柏の木」 生家の裏に一本植えられていました。
「兼題 柏落葉」が出された時、
時々、竹箒で掃いていた~そんな記憶を思い出しました。

もうすぐ、(柏餅)の季節ですね!そちらの方が記憶に濃ゆく残っています。





-
  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12

菠薐草、ていれぎ




yurino178625.jpg


yurino178621.jpg


KIMG0055.jpg

 
単調な事が好きです菠薐草

松山俳句ポスト(2月28日発表分) 兼題「菠薐草」  人選
 
ていれぎの辛みほのかに糟糠の妻

松山俳句ポスト(3月14日発表分) 兼題「ていれぎ」  並選

ブログup 遅くなりました。



-

  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:14

マスク

yurino171614.jpg





yurino178612.jpg


yurino178611.jpg


 
マスクより漏れる嗚咽の送別の

「俳句生活」(1月の審査発表分) 兼題「マスク」  佳作


「マスク」の兼題が発表された12月の初めころ、近所のママ友(子供の幼稚園時代からの)が急逝しました。
哀しさ、淋しさ、虚しさを通り越して、悔しさ、腹立たしさ(何か解らないものにたいして~)を感じた数週間でした。






-


  1. 夏井いつきの「俳句生活」
  2. / コメント:12




yurino178603.jpg


yurino178604.jpg


 
木枯しや今朝の腹立ちみがく鍋

「俳句生活」(12月の審査発表分) 兼題「凩」  人選
 
静電気起きる凩吹く夜は

「俳句生活」(12月の審査発表分) 兼題「凩」  選外


車から、降りるとき、この時期良く静電気が「パシッ」と火花を散らします。

 




-



  1. 夏井いつきの「俳句生活」
  2. / コメント:16

雪兎・鮃




yurino178601.jpg


yurino178602.jpg


 
雪兎瞬きさうな紅い眼を

松山俳句ポスト(1月17日発表分) 兼題「雪兎」  並選

 
俎板に左眼強気鮃かな

松山俳句ポスト(1月31日発表分) 兼題「鮃」  並選

雪だるま、ブログupが遅すぎて!解けてきました。

写真はいづれも湖北へ行った時の写真です。




-


  1. 俳句ポスト
  2. / コメント:12

マフラー




yurino178557.jpg


yurino178558.jpg



巻きつけるマフラー二重内気者

e船団俳句
山本たくや ドクター選 平成31年1月23日発表分 今週の十句選 入選

山本たくやドクターご講評
私の拙句に「貧弱な躰を隠すコートかな」があります。また、私が好きなロックバンド・神聖かまってちゃんの『コタツから眺める世界地図』の歌詞に、「コタツ潜りこむ毎日は 世界から逃避する防空壕」というフレーズがあります。掲句における「マフラー」もそうですが、表現の世界における冬の防寒着などは単に寒さを防ぐものを意味するのではなく、自身の弱い部分を隠したり逃がしたりする意味合いもあるのではないでしょうか。そのような考察をさせてくれた一句でした。

ドクターの御講評、まさしく私の心の内面を言い当てて下さいました。

帽子、眼鏡、マスク、マフラーと冬は実に多くのもので自身を覆っております。





-



  1. e船団俳句
  2. / コメント:10

木枯




yurino178554.jpg


木枯や吹き戻されて瀬田の橋

e船団俳句
星野早苗 ドクター選 平成31年1月2日発表分 今週の選外佳作選

星野早苗ドクター、
有難うございます。

瀬田の唐橋ではなく、滋賀県のマキノの並木を歩いた寒い一日を思い出しています。





-

  1. e船団俳句
  2. / コメント:12


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

百合かがり

Author:百合かがり
俳句は昔から好きで、TVとかの放送は見ていました。投稿しだしたのは、約5年目になります。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア